睡眠不足はハゲのもと!薄毛と成長ホルモン

睡眠不足はハゲのもと!薄毛と成長ホルモン

働き盛りのサラリーマンの場合、ついつい寝る間も惜しんで仕事に没頭してしまうことがあると思いますが、睡眠不足は薄毛をまねく大きな原因のひとつです。

 

睡眠時間は髪の毛の休息時間

 

睡眠は、あなたにとって仕事の疲れをとる大事な時間なように、髪の毛のとっても日中に受けたダメージを回復する大切な時間なのです。
昼間、髪の毛は紫外線や外気の温度差、ホコリなどによって気付かない間にダメージを負っています。人間は睡眠によって体の各器官を休め、活動エネルギーを蓄えるわけですが、睡眠が不十分な日は、疲れやすかったり集中力が続かなかったり、身心の機能が低下します。その場合に真っ先に回復が後回しにされるのが頭皮や髪の毛なのです。
体は、体にとって活動に必要な酸素や養分が不足気味になった場合、優先順位の低い頭皮や毛髪への養分供給を後回しにして、生命維持に必要な器官のケアを優先するのです。寝不足が続くと頭皮への養分が十分に供給されず、毛母細胞の分裂も活発に行えないため、新しい髪の毛が生成できず、結果として薄毛を招くことになります。

 

成長ホルモンが活発な最も“生える”時間帯

 

髪の毛の成長には成長ホルモンが大きく関係してきます。

 

成長ホルモンとは…
人間にとっての三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質の働きを促進させるホルモンの一種。アミノ酸の吸収効率を上げ、タンパク質の合成を高める作用もある。

 

髪の毛の主成分がタンパク質であることから、成長ホルモンの分泌量は髪の毛の成長に大きく影響してきます。成長ホルモンの分泌量が多ければ多いほど、髪の毛は強く、また十分な時間の中で成長できるのです。
そして、この成長ホルモンが最も分泌される時間帯というのが副交感神経が最も活性化する夜10時から深夜2時の間。つまり、この夜10時から深夜2時の4時間が髪の毛が最も成長する時間ということです。

 

サラリーマンが夜10時に就寝することは難しい、というかもはや不可能に近いかもしれません。ですが、24時就寝であれば、毎日でなければ可能ではないでしょうか。できれば毎日24時就寝の睡眠リズムを作りたいところですが、それも難しいようであれば週2〜3日でも構いません。髪の毛を一番成長できる時間帯にゆっくりと休ませてあげましょう。

 

規則正しい睡眠が成長ホルモンの分泌効率を上げる

 

仕事の忙しさによってたっぷり寝られる日とそうでない日がある、睡眠時間は十分だけど就寝・起床時間がバラバラという方もいらっしゃるでしょう。常に睡眠時間が短いよりはまだマシなのですが、これも髪の毛にとってベストというわけではありません。

 

規則正しい時間に睡眠をとっていると、体は無意識的に「もう寝る時間だ!」というのを覚えてきます。そのため、ベッドに入ってから寝入るまでの時間は早く、また起床時間までたっぷり熟睡できるようになり、上質な睡眠がとれるようになります。上質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促しますから、結果的に髪の毛にとってよい睡眠となります。
逆に、睡眠時間自体は十分に確保できていても、不規則な睡眠リズムの場合、体が睡眠の準備をするまでに時間を要し、熟睡できる時間が短くなってしまいます。ですので、髪の毛が余裕をもって睡眠の準備ができるように、規則正しい睡眠生活をとることが大切です。

 

 

 

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

睡眠不足ハゲを育毛剤で治す!関連ページ

薄毛は本当に遺伝する?
厳密には、「薄毛が遺伝する」のではなく「薄毛になりやすい体質」が遺伝します。つまり、環境や生活習慣の改善で、親が薄毛であっても薄毛の進行を抑制することができるのです。薄毛遺伝について学び、本来解決すべき他の薄毛の原因を特定して薄毛予防につなげましょう。
肩こり・首こり!血行不良は薄毛の大敵!
血行(血流)の循環不良は薄毛を引き起こす大きな原因の一つです。体に必要な酸素・養分の運搬がうまくいかず、髪の毛を生成する毛母細胞分裂が十分にできなくなるためです。肩こり・首こりなどの症状がある方は定期的にストレッチやセルフマッサージを行いましょう!
髪の毛が生える食べ物は!?
食生活と髪の毛の成長は大きく関係しています。人間の体は食事によって摂取した養分によって生命を維持しているので髪の毛にも影響があって当然ですよね。育毛に効果的な「一番生える食べ物」について学んで無理のない薄毛対策を心掛けましょう!
ストレスが薄毛の根本原因!?
ストレスをは血行不良・栄養不足・睡眠不足など、髪の毛に様々なマイナスの影響を及ぼす、 いわば薄毛の根本原因です。ストレスが薄毛を引き起こす原因を学ぶとともに、ストレス解消方法についてもご紹介したいと思います。
ヘアカラーは髪に良くない!
ヘアカラー自体は直接の薄毛の原因ではありませんが、薄毛をまねくきっかけとなります。ヘアカラーの仕組みや髪に与える影響について学んでおきましょう。
タバコを吸うと薄毛に一直線!
「百害にあって一利なし」と言われるほど、健康への悪影響が大きいとされるタバコは、髪の毛にも大きな悪影響を及ぼします。喫煙と薄毛の関係について解説しますので、無理のないプランで禁煙を目指しましょう!