髪の毛が一番生える食べ物は!?

髪の毛が一番生える食べ物は!?

もはや誰しもがご存じのことだとは思いますが、食生活と髪の毛の成長は大きく関係しています。人間の体は食事によって摂取した養分によって生命を維持しているわけですから、体の一部である髪の毛にも影響があって当然ですよね。
また、食事は基本的には毎日、朝・昼・晩の3回摂取します。その営みの頻度を考えても、髪の毛に影響を与える要素の中では、最も影響度が大きいといってもよいのではないでしょうか

 

そして、食事の中で摂取する食べ物(栄養素)の中でも育毛する上で頭皮や髪の毛にプラスに働くもの、また逆にマイナスに働くものがあります。ここでは育毛に効果的な「一番生える食べ物」について学んでいきたいと思います。

 

一番大事なのはなのは「食事のバランス」

 

個々の栄養素に触れる前に大前提として認識しておいて頂きたいことがあります。それは、育毛に一番大事なのは、何を、どれだけ、どのように食べたかという「バランスの取れた食事」です。
どんなに髪の毛にとっていい食材であっても、それだけ食べていると不足する栄養素も出てきますし、食事のタイミングが不規則であったりすると体が十分に栄養を吸収できなかったりします。食生活から薄毛対策を行うにあたって、まずは食事のタイミングを規則正しいものとし、その上でバランスよく必要栄養素を摂取することが薄毛予防への第一歩です。

 

薄毛予防に効果的な3大栄養素

 

薄毛対策に効果的な栄養素といわれているのが「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」の3つです。

 

髪の毛の材料「タンパク質」

髪の毛はそのほとんどがタンパク質からできていますので、このタンパク質は髪の毛を生成する上での最重要栄養素にまります。あれ!?アミノ酸じゃないの!?」と思う方もいらしゃると思いますが、それも決して間違いではありません。髪の毛の生成時にはアミノ酸が欠かせないのですが、食事からアミノ酸を摂取する場合、タンパク質というかたちで摂取することになります。

 

タンパク質には動物性のものと植物性のものがあります。動物性はお肉・お魚・卵、植物性は豆腐や納豆など。小学生の時に家庭科で勉強したかと思います。もちろんどちらもバランス良く摂取することが大切なのですが、薄毛対策におすすめなのは植物性のタンパク質です。動物性タンパク質は摂取しすぎると内臓脂肪となりやすく、血管圧迫・血液の質を悪化させます。育毛に血行不良は大敵ですので、どちらかといえば植物性タンパク質を積極的に摂取するほうがいいでしょう。

 

 

頭皮状態のコントール・サポート「ビタミン」

ビタミンといってもたくさんの種類があるのですが、そのどれもが髪の毛を生成する頭皮の状態を整える働きがあります。それぞれ個別に解説していきます。

 

ビタミンB2・B6

ビタミンB2・ビタミンB6は新陳代謝を活性化させる働きがあり、毛簿細胞の細胞分裂を促進させます。また、頭皮の皮脂の分泌を調節する働きもあり、髪の毛の健康状態をコントロールしています。

 

ビタミンB2が含まれる食べ物:青魚、うなぎ、レバー、卵、大豆、乳製品
ビタミンB6が含まれる食べ物:サケ、マグロ、ナッツ、肉類、バナナ

 

ビタミンE

ビタミンEには血管の拡張作用があります。血流を正常化させるため薄毛予防に効果的です。ビタミンCと一緒に摂取するとより効果がのぞめるでしょう。

 

ビタミンB2が含まれる食べ物:魚介類、植物脂、ごま、マーガリン、マヨネーズ、

 

 

ビタミンの吸収を効率化「亜鉛」

亜鉛は厳密にいうとミネラルの一種になります。髪の毛はタンパク質を主な成分としていますが、亜鉛が不足すると食事で摂取したタンパク質を毛髪に合成する機能が働かなくなるのです。亜鉛は不足しがちな栄養素ですので、意識して摂取するようにしましょう。

 

ビタミンB2が含まれる食べ物:牡蠣、レバー、魚介類、チーズ、アーモンド、肉類、うなぎ

 

食生活による髪の毛の影響は小さくないだけに、その薄毛対策効果も比較的早い段階で表れると言われています。お金をかけず、毎日の食事を少し意識を働かせるだけで薄毛が治るとしたら対策をとらない手はないですよね?まずは毎日の食生活を見直してみることから始めてみましょう。

 

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

髪の毛が一番生える食べ物は!?関連ページ

薄毛は本当に遺伝する?
厳密には、「薄毛が遺伝する」のではなく「薄毛になりやすい体質」が遺伝します。つまり、環境や生活習慣の改善で、親が薄毛であっても薄毛の進行を抑制することができるのです。薄毛遺伝について学び、本来解決すべき他の薄毛の原因を特定して薄毛予防につなげましょう。
睡眠不足はハゲのもと!
睡眠不足は薄毛をまねく大きな原因のひとつです。睡眠時間は髪の毛の休息時間であり、 成長ホルモンが活発な最も“生える”時間帯です。 規則正しい睡眠を心掛け、成長ホルモンの分泌を促し効果的な薄毛対策を心掛けましょう!
肩こり・首こり!血行不良は薄毛の大敵!
血行(血流)の循環不良は薄毛を引き起こす大きな原因の一つです。体に必要な酸素・養分の運搬がうまくいかず、髪の毛を生成する毛母細胞分裂が十分にできなくなるためです。肩こり・首こりなどの症状がある方は定期的にストレッチやセルフマッサージを行いましょう!
ストレスが薄毛の根本原因!?
ストレスをは血行不良・栄養不足・睡眠不足など、髪の毛に様々なマイナスの影響を及ぼす、 いわば薄毛の根本原因です。ストレスが薄毛を引き起こす原因を学ぶとともに、ストレス解消方法についてもご紹介したいと思います。
ヘアカラーは髪に良くない!
ヘアカラー自体は直接の薄毛の原因ではありませんが、薄毛をまねくきっかけとなります。ヘアカラーの仕組みや髪に与える影響について学んでおきましょう。
タバコを吸うと薄毛に一直線!
「百害にあって一利なし」と言われるほど、健康への悪影響が大きいとされるタバコは、髪の毛にも大きな悪影響を及ぼします。喫煙と薄毛の関係について解説しますので、無理のないプランで禁煙を目指しましょう!