増毛と植毛は違うの?

増毛と植毛は違うの?

「育毛・発毛」と同様に混同されがちなのが「増毛」「植毛」です。
どちらもこのサイトを見て頂いてる皆さんには、願わくば経験したくない対応ですが、育毛の話をする中でよく出てくる言葉ですので、この機会にその言葉の意味を理解しておきましょう。

増毛

増毛とは、元々ある1本の髪の毛の複数本の人工的な毛髪を結びつけたりして、見た目上、髪の毛が増えたように見せる事です。髪の毛を簡単に、かついっきに増やすことができるのですが、自毛が伸びてくると人工毛髪を結いつけた部分が頭皮から浮いてきてしまうため、定期的(月1〜2回程度)にメンテナンスを行う必要があります。増毛前のヘアチェック、増毛実施、そして実施後のメンテナンスとすべてにおいて専門家の手作業となるため、増毛を実施継続するのであれば、それなりにコストは覚悟しておくべきでしょう。

植毛

植毛とは、頭皮に直接、人工毛髪もしくは人毛(自分や他人の髪の毛)を文字通り植え付ける事です。植毛は医療行為であり、専門医が1本1本手作業で頭皮に髪を植え付けていきます。植え付けられた髪の毛はその後頭皮に定着し、人毛の場合、普通の髪の毛と同様のヘアサイクルを辿ることとなります。
必ず知っておいて頂きたいのは、植毛は体内に人工的に異物を取り込む行為であって、頭皮が拒否反応や炎症を起こす可能性があるということです。また、美容整形と同じように保険は適用外となりますのでそちらも覚えておきましょう。

 

「増毛」「植毛」は、短期的にある程度確実に髪の毛を増やす(ように見せる)ことが可能ですが、コストもかかりますし、身体的リスクが生じる可能性もあります。また、これは人にもよりますが、増毛・植毛をして髪の毛が増えても、結局は自分の髪の毛ではないことから(人毛植毛を除く)精神的満足感が得られず、返ってストレスとなる方もいらっしゃるようです。

 

薄毛の原因が、生活サイクルの乱れやストレスが起因していることを考えると時間はかかりますがそれらを改善することの方が本質的には正しいといえるでしょう。正しい薄毛の知識や育毛剤の選び方・使い方を知らずに安易に増毛・植毛に走ることは非常にもったいないです。まずは、正しい育毛知識をもって、根本からの回復をめざしましょう。それから増毛・植毛を考えても決して遅くはないですからね!

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!