薄毛の種類・特徴と対策 〜自分のタイプを知る〜

薄毛の種類・特徴と対策 〜自分のタイプを知る〜

毛髪が抜けてくれば「薄毛」や「ハゲ」を一括りにしてしまいがちですが、その症状はいくつかのタイプがあります。まずは自分がどういった薄毛のタイプなのかを知ることから始めましょう。
それぞれの薄毛のタイプには、なぜそのような症状があらわれたかという、脱毛に至った論理的な原因があります。自分の薄毛タイプを知ることで、なぜ薄毛を招いたかという原因を究明することにもつながります。ご自身の症状と照らし合わせて、効率的な育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

薄毛の種類には大きく次のような種類があります。

 

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症とは成人男性に発症する脱毛症です。最近ではAGA(Androgenetic Alopecia)という名で耳にされた方も多いのでははないでしょうか。いわゆる「薄毛」と呼ばれるものの95%近くはこの男性型脱毛症(AGA)だと言われています。男性型脱毛症(AGA)の主な原因は男性ホルモンの影響と遺伝と考えられています。

 

男性型脱毛症(AGA)は発症年齢によって2種類に分けられ、20〜30代で発症するものを若年性脱毛症、40代〜で発症するものを壮年性脱毛症とよび、この総称が男性型脱毛症(AGA)です。
若年性脱毛症も男性型脱毛症(AGA)の1つなのですが、昨今の若年性脱毛症の発症事例を見る限り、発症原因が複雑に関係していると考えられ(ストレスや食生活の乱れ)、通常の男性型脱毛症(AGA)とは区別して考えられることが多いいです。

 

通常の男性型脱毛症(AGA)の場合、男性ホルモンの分泌が主な原因と言われています。脱毛の原因で詳しく解説していますが、男性ホルモンにはテストステロンという物質が含まれています。そのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と化合してジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合することで発毛抑制作用が生じ、薄毛を促進されると言われます。

 

【対策】

男性型脱毛症(AGA)の発症原因である男性ホルモンの働きは抗男性ホルモン剤(抗アンドロゲン剤)の配合された治療薬を使用することで制御することが可能です。
例えば、「フィナステリド」という成分は、5αリダクターゼを非活性化しジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害する働きがあります。このフィナステリドを主成分としたプロペシアは育毛剤は、一度乱れたヘアサイクルを正常化させる目的で開発されました。もちろん薬である以上服用は慎重に判断すべきですが、大手製薬会社も開発を進め一定の効果の声があることを考えると、服用も十分検討してみてもいいでしょう。

若年性脱毛症

若年性脱毛症は先述したとおり男性型脱毛症(AGA)の一種で20〜30代で発症する薄毛の症状の事をいいます。発症原因もジヒドロテストステロン(DHT)の生成によるものなのですが、壮年性脱毛症と違うのは、ホルモンバランスの変化が老化によるものではなく、それ以外の要素が起因しているということです。
例えば、働き盛りの若い成人男性にありがちな食生活の乱れ睡眠不足、あるいは仕事場でのストレスの影響が考えられます。人間関係の複雑化や経済的不安が大きい昨今では、この若年性脱毛症の発症者は増加してきています。

【対策】

本来、細胞の活動が比較的活発な20〜30代の成人男性にヘアサイクルの乱れによる薄毛の症状が現れるのはある意味異常なことです。しかし逆に、適切な対策を講じれば比較的早い段階で回復するケースが多いです。食生活や睡眠時間などの生活サイクルの改善を心掛けましょう。職場ストレスをなくすことは難しいと思いますが、愚痴などを言い合える仲間を作ることで軽減できることもあるでしょう。その上で男性ホルモンの抑制効果のあるミノキシジル配合の育毛剤などを試してみるとよいでしょう。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは脂漏性皮膚炎が原因の薄毛です。脂漏性皮膚炎とは脂性のフケが頭皮に発生し、そのフケが毛穴を塞いで頭皮が炎症を起こすことをいいます。赤く炎症を起こした頭皮は痒みを招き、脱毛を発生させるのが脂漏性脱毛症です。脂性の方や汗っかきなのに毎日シャンプーをしない方などに多いタイプですね。脂性のフケをそのままにしておくとそのフケを食べる最近の繁殖が進み、症状を悪化させます。早めに対策をとることが大切です。

 

【対策】

まずは毎日しっかりと正しい方法でシャンプーをすることです。これは薄毛対策ももちろんですが、周囲の方へのマナーとしても実践しておいたほうがいいでしょう。また、脂性の方でも、摂取する油分を抑える事で分泌する皮脂を抑える事が可能ですので食生活をコントロールすることでも対策を打つことができます。
しかし、必要以上に神経質になるのは逆効果。緊張は汗の分泌を促進しますし、ストレスは薄毛を進行させます。おしいくご飯を食べれる程度に軽めの意識で十分でしょう。

粃糠性(ひこう性)脱毛症

粃糠性(ひこう性)脱毛症は乾燥したフケが毛穴を塞ぎ、細菌繁殖によって毛根が炎症を起こして脱毛を招く症状です。原因としては、刺激のシャンプーの使用やシャンプーのしすぎ、過度のカラーリング・パーマなどが考えられます。また、ホルモンバランスの変化によってフケが大量発生したとも考えられています。

 

覚えておいて頂きたいのは、フケ自体は細胞の代謝現象によって頭皮には必ず発生するものだということです。ですので、多少のフケが発生したからといって「粃糠性(ひこう性)脱毛症」とご自身で判断することは早計です。育毛サロンに言って診てもらうか、少なくとも具体的症例の写真と比較してみるべきでしょう。

 

【対策】

フケを除去しようとシャンプーの回数を増やしたり、刺激の強いシャンプーを使用することは逆効果です。まずは今使用しているシャンプーでゆっくり正しい洗髪を行う、あるいは、天然成分を使用した低刺激のシャンプーに変えてみるのもいいでしょう。また、脂漏性脱毛症と同様にバランスのよい食生活を心掛け、脂肪分を多く含む食材はできるだけ避けたほうがよいでしょう。

円形脱毛症

円形脱毛症はある日突然、1〜3cm程度の範囲で脱毛が生じる症状をいいます。最初は1ヶ所だけでも、脱毛範囲が頭皮全体や、眉毛やまつ毛、体毛にまで広がることがあります。円形脱毛症は男女関係なく発症します。主な発症原因は自己免疫疾患と精神的ストレスの二つの説が現在のところ有力です。

 

ストレスによって脱毛が生じるというのはしばしば耳にしたことがあるかもしれませんが、現在でも学術的根拠は不十分であり、明確な因果関係は証明されていません。しかし、複雑な人間関係や先の見えない経済状況を問題に抱える人間が円形脱毛症になる事例を考えれば、まったく無関係ということはやはりなさそうな気がします。

 

自己免疫疾患による脱毛とは、本来は外敵(ウィルスなど)の侵入を防ぐ免疫機構であるリンパ球が、何らかの原因で自分の細胞を外敵と判断してしまい、頭皮を攻撃することで髪の毛が抜けてしまうことです。

 

【対策】

円形脱毛症に関しては、原因が十分に解明されておらず、また精神状態による影響が少なくないことから、精神科や皮膚科の専門医の診療を受けることをおすすめします。いずれにしても、睡眠を十分にとる、気心の知れた仲間との時間を増やすなど、極力ストレスを溜めないことが円形脱毛症完治への近道となるでしょう。

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!