効果的な育毛剤の使い方は育毛シャンプーと併用!

育毛剤が生きる育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーは育毛剤と比べて使用への抵抗感が小さいため、薄毛が気になりだすとまずは育毛シャンプーで育毛対策を始める人が多いようです。

 

しかし、育毛シャンプーといっても商品はいくつもあります。さらに頭皮・毛髪の性質も人それぞれ違いますので、自分のぴったりの育毛シャンプーを選ぼうと思ったら、まずは育毛シャンプーの効果をしっかり理解していなければなりません。

 

育毛シャンプーを使って正しい洗髪方法ができていれば、育毛剤の育毛効果をより高めることができます。効果的な育毛剤の使い方をするためにも、育毛シャンプーの効果や普通のシャンプーとの違いをしっかり理解しておきましょう。

 

頭皮を清潔に保ち、栄養を補給する!

 

育毛シャンプーは、頭皮の汚れ・皮脂を適度に洗い流し、頭皮環境を健康に保つことによって、発毛しやすく脱毛しにくくするためのものです。

 

間違った認識をされている方も多いですが、育毛シャンプーは育毛剤と違って、基本的にそれ自体に発毛効果のあるものは多くありません。市販されている育毛シャンプーのそのほとんどが、頭皮の環境を整えて、発毛促進もしくは脱毛予防する用途となっています。

 

例えば、頭皮の栄養が不足していたり血行不良だったりすると、毛母細胞分裂を十分に行えず発毛不良になってしまいます。それをサポートするために育毛シャンプーで栄養を補給したりします。
また、頭皮の毛穴がフケ・皮脂で詰まっていると、髪の毛の成長を邪魔して、さらに炎症・細菌発生から脱毛を招く可能性があります。そうならないように育毛シャンプーで頭皮を清潔に保ち、正常な発毛環境を維持するのです。

 

育毛シャンプーの主な効果としては次の3つがあげられます。

頭皮の皮脂・フケを洗い流して清潔に保つ。

皮脂は頭部保護のためにある程度必要ですが、分泌量が多すぎたりしっかり洗いおとせていなかったりすると、毛穴を詰まらせてしまいます。そうすると髪の毛の成長の邪魔をして、そのまま放置すると炎症や細菌が発生して脱毛の原因になります。また、フケも細胞が代謝活動をするなかで必ず発生するものなのですが、そのままにしておくと皮脂と同様の理由で脱毛の原因になります。
育毛シャンプーは頭皮のフケ・皮脂を適切に洗いおとし、頭皮環境を正常に保つことで薄毛を予防するのです。

 

育毛シャンプーではない普通のシャンプーにも洗浄効果はあるのですが、洗浄力が強すぎて頭皮への刺激が大きい事が問題です。皮脂を必要以上に洗い流してしまうと、より皮脂分泌を強めてしまうので、脱毛の可能性につながります。そのため、育毛シャンプーぐらいの洗浄力が頭皮には最適なのです。
頭皮を清潔に保つことは、育毛剤の浸透を高めることになるので、効果的な育毛剤の使い方をする上でもプラスの影響があります。

毛髪生成に必要な栄養を補給する。

育毛シャンプーに配合される栄養素が頭皮に浸透し、毛根に毛髪生成に必要な栄養素を供給します。特に若いサラリーマンの方はそうだと思うのですが、食事の栄養バランスが悪かったり、睡眠不足の方は栄養が不足しがちですので、育毛シャンプーによって栄養を補うのも一つの手でしょう。

毛乳頭に刺激を与え、発毛を促進する。

育毛剤と同様、薬効成分を頭皮に浸透させ毛乳頭を刺激することによって、直接的に発毛を促進します。この作用のある育毛シャンプーは種類としては多くはありません。
育毛シャンプーと育毛剤の併用は問題なく、また同じ効果の育毛を行っても意味がないことから、直接的育毛促進は育毛剤を使い、育毛シャンプーは頭皮洗浄・影響補給効果のあるものを使うのが、効果的な育毛対策だといえます。

 

育毛シャンプーは普通のシャンプーとココが違う

 

上記で育毛シャンプーの効果について解説しましたが、頭皮の洗浄効果などは普通のシャンプーにも備わっている機能です。また、普通のシャンプーのテレビCMでも「栄養を補給して〜〜」なんてフレーズを使っているので、「では普通のシャンプーでいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、育毛シャンプーと普通のシャンプーが同じような効果を持っていたとしても、「どちらが頭皮に優しいか」という視点で比べた時に、軍配は間違いなく育毛シャンプーに上がるとってよいでしょう。下記の育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いをまとめましたので、そちらについても詳しく解説していきます。

 

育毛シャンプー 普通のシャンプー
頭皮に与えるダメージが小さい。 頭皮に与えるダメージが大きい。
頭皮の正常化を目指す。 毛髪の正常化を目指す。
シャンプー液が頭皮に残らない。 シャンプー液が頭皮に残りやすい。

 

一番注目したいのが“頭皮に与えるダメージ”です。市販されている普通のシャンプーにももちろん洗浄効果はあるのですが、その洗浄成分に高級アルコール系成分が含まれているので頭皮へのダメージが非常に大きいのです。洗浄成分が強すぎると、頭皮を守るための皮脂まで洗い流してしまったり、それによって過剰な皮脂分泌を招いてしまうので、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症になる可能性も高くなってしまいます。
その点、育毛シャンプーはというと、洗浄成分に天然植物から採取されるアミノ酸系成分を使用しているため、頭皮へのダメージが小さく、安心して頭を洗うことができます。

 

そもそも育毛シャンプーは発毛環境の正常化、つまり毛根部や頭皮状態を正常化することを目的としているので、できるだけ頭皮にダメージを与えないような天然成分を配合して開発されているものが多いです。
一方、普通のシャンプーは毛髪ケアや使い心地(ツヤ・指通り・香り)に重点を置いて開発されています。シリコンや香料といった添加物が配合されている商品がほとんどのため、頭皮への負担もどうしても大きくなってしまうのです。

 

これらの添加物はお湯で流しにくかったり、そもそも毛髪表面に一定量を残すように配合されているため、洗髪後に頭皮に負担物が残ってしまいます。毛穴に詰まったりすると脱毛の原因となり、薄毛が進行してしまう可能性があります。育毛シャンプーの配合成分は基本的に天然成分であるためお湯で流れやすく、毛穴詰まりの心配はないといってよいでしょう。

 

 

最近は育毛シャンプーが売れてきていることもあり、普通のシャンプーでも“育毛効果”を売りにして販売していることも多いですね。しかし、それらは頭皮への負担が大きい高級アルコール系洗浄成分を使いながら、ちょっとだけ育毛成分を配合しているだけの場合も多いので、毛根・頭皮への負担を考えるとオススメはできません。

 

頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分を使用している、純粋な“育毛シャンプー”は、多少お値段ははりますが、頭皮正常化・発毛促進を望むなら間違いなくこちらを選択するべきです。育毛シャンプーで頭皮環境を整えたうえで育毛剤を使用すれば、相乗的に育毛効果も高まります。
特に、毎日使用するシャンプーは頭皮環境に大きな影響を与えるので、正しいシャンプー選びをすることは非常に大切です。

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!