髪の毛のメカニズム 〜効率的な育毛に必要な知識〜

髪の毛のメカニズム 〜効率的な育毛に必要な知識〜

育毛対策を行う前に必ず知っておいて頂きたいのは、髪の毛がいったいどのようにできているのかという「髪の毛の構造」「発毛のメカニズム」です。
育毛剤は、髪の毛の構造とその発毛メカニズムの研究を行い、髪の毛の成長周期に応じた、より効率的な育毛をサポートする目的で開発されています。髪の構造やメカニズムを知らずに育毛剤を使用すると、髪や頭皮へ負担を増加させることもあり、結果として薄毛を促進する場合もあります。

 

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

 

薄毛の原因が敵だとすれば、自身の毛髪や頭皮について学ぶことは己を知る事になるのでしょう。まずは髪の毛について基本的な知識を身につける事で、正しい育毛対策を選択できるようになりましょう。

 

髪の毛の構造

 

髪の毛は皮膚が変化してできたものと言われており、基本的な構造については皮膚と似ています。
皮膚との違いはまず「知覚神経がない」こと。肌を傷つけると痛みを感じますが、美容院で髪を切っても決して痛さは感じないですよね?それゆえに毛髪にダメージを負っていても放置してしまうことが多いのです。
もう一つの皮膚との違いは「再生しないこと」。一度痛んだ髪の毛は、自身で回復することはできません。ですので髪の毛には極力負担をかけない意識が必要となってきます。

 

その髪の毛は大きく二つの部分に分かれています。頭皮から表面に出ている「毛幹部」と頭皮の内側にある「毛根部」です。

 

毛幹部

毛幹部は外側から「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3層構造になっています。基本的には3層ともタンパク質が主な構成成分となっています。

キューティクル

髪の表面を覆っている3層の中で最も固い層です。頭皮から毛先方向に向かって何枚もの鱗(ウロコ)があるよう構造です。タケノコの表面をイメージして頂ければわかりやすでしょうか。

コルテックス

キューティクルの内側にあるのがコルテックスです。髪の毛の約8〜90%を占める髪の毛の主要部分です。繊維状のタンパク質から構成されており規則正しく組成されているため髪の強度を保つことができます。メラニン色素を含んでいるため、コルテックスの性質により髪の毛の色も決まってきます。

メデュラ

髪の毛の中心にあるのがメデュラです。タンパク質と糖質から組成されているのですが、はっきりとした役割と言うものは現在まだ確認ができていません。ですが、男性型脱毛症の方はメデュラが途中で切れていたり、髪の毛のまだ柔らかい幼児にはメデュラがなかったりするため、髪の強度や太さとなんかしらの関係があるのではと言われています。

毛根部

毛幹部の根の部分にあるのが「毛球」という髪の毛の製造部分です。その名のとおり丸く膨れていて「毛包」という鞘のようなものに包まれています。
また毛球の中には「毛母細胞」という髪の毛のもととなる細胞がたくさん詰まっています。毛母細胞は、毛球の最下部にある「毛乳頭」という器官の命令により細胞分裂を繰り返し、髪の毛へと成長していきます。
「毛乳頭」は、毛母細胞の細胞分裂をコントロールすると同時に、頭皮内に張り巡らされた無数の毛細血管から毛母細胞が分裂を繰り返すために必要な養分・酸素を取り込み、毛母細胞に供給するという非常に重要な役割を担っています。毛母細胞の分裂によって作りだされた新たな毛が徐々に毛幹側へと押し出され、髪の毛として生えてくるのです。

 

ヘアサイクル(毛周期)

 

人間の髪の毛の本数は、個人差はありますがおよそ10万本生えています。(年齢や性別、時期によっても前後します。)髪の毛は1日に約0.3〜0.5mmずつ成長しますが、この成長は永久に続くわけではありません。1日にだいたい50〜100本ほど抜けおち、それと同時に新しい髪の毛が生える事で、10万本の髪の毛が常に維持されているのです。
この、1つの毛根から髪の毛が生え、抜けおちる周期のことを「ヘアサイクル(毛周期)」といいます。自身の髪の毛を理解するために、このヘアサイクルについても学んでおきましょう。

 

ヘアサイクルは次の3段階に分類されます。

1.成長期(約2〜5年)

毛乳頭の命令によって毛母細胞の分裂から作られた新しい髪の毛は、徐々に下から毛幹側へと押し出されて髪の毛として成長します。この、1つの毛母細胞が1本の髪の毛を作り続ける期間のことのを「成長期」といいます。1本の髪の毛の成長期は約2〜5年の間続きます。10万本の髪の毛のうちのおよそ80〜90%程度がこの成長期にあたると言われています。

 

2.退行期(約2〜3週間)

成長期に活発に細胞分裂を行っていた毛母細胞が分裂を停止し、伴って髪の毛の成長もストップします。この期間を髪の「退行期」といいます。退行期は約2〜3週間の続きます。髪の毛全体のおよそ1〜2%が退行期であると言われています。

 

3.休止期(約3ヵ月)

退行期で活動をストップした毛母細胞が、また新しい髪の毛を生成する準備に入るのがこの「休止期」です。休止期に入った髪の毛は毛母細胞から切り離されていき、約3ヵ月かけて自然に抜け落ちていきます。髪の毛全体のおよそ10%程度が休止期であるといわれており、十分な休息を経てから、毛根はまた成長期へと移行していくのです。

 

正常な髪の毛はこのヘアサイクルを繰り返しています。今生えている髪の毛10万本の10%である1万本程度は、いつ抜けおちてもおかしくない状態にあるのです。また、1日に平均して50〜100本の髪の毛が抜けおちることが正常であることを知っていれば、1本の抜け毛に落ち込むこともなくなるでしょう。

 

ところが、なにかしらが原因で、十分な成長期を過ごすことなく、通常よりも早い段階で退行期・休止期に突入する髪の毛があります。また、休止期に入ったまま再び成長期に移行することなく活動を停止する毛根もあります。このように、正しいヘアサイクルの乱れによって、新たに生成される髪の毛の本数を抜けおちる髪の毛の本数が超過している状態が薄毛を招くのです。薄毛のまねく原因には「抜け毛の原因とその対策」を参照してみてください。

 

 

育毛剤とは、この乱れたヘアサイクルを正常に戻すための一つのお助け道具なのです。しかし、道具を使い方を間違えれば命を落とすことだってあります。誤って取り返しのつかない事態を招かないためにも、しっかりと髪の毛の成長状態を理解してあげましょう。

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!