育毛剤の注意点と副作用

育毛剤の注意点と副作用

育毛剤には体の器官に何かしらの作用をあたえる成分が複数配合されています。容量や用法の注意点をよく理解しておかないと体にトラブルを起すことにもなりませんから、使用上の注意点についても学んでおきましょう。
また、育毛剤の中には医薬品に属するものも含まれています。含まれる成分によっては副作用を引き起こす可能性もありますので、その点についても理解しておきましょう。

 

まずは少量で使用する

 

早く薄毛をなんとかしたいがために、育毛剤をたくさん使用したくなる気持ちはわかります。ですが、最初の方は少量から使用するようにしてください。頭皮も肌の一部であり、ひとりひとりその性質は異なります。開発会社も十分なテストを行っていますが、すべての人間の肌で試したわけではありません。場合によっては、痒みや炎症を引き起こすこともありますので、まずは少量から使用し、問題ない事を確認してから使用量を増やすようにしてください。

 

副作用を理解しておく

 

医薬品と呼ばれる育毛剤のなかには副作用の可能性がある成分も含まれています。体に負担をかけずに育毛をするためにも、各成分の副作用について理解しておきましょう。

 

ミノキシジル

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血圧降下剤として使用されていたため、血圧に影響する副作用の可能性があります。血圧の低下、心拍数の増加、動機、息切れなどです。また、人によっては、かぶれや痒みなどの症状がでる場合もあります。ミノキシジルが5%含まれているロゲインという育毛剤では頭皮にかゆみが生まれる程度です。ただし、ザンドロックスなど、ミノキシジルを12〜15%配合している育毛剤ですと、血圧への影響も考えられますので十分留意してください。特に低血圧の方は、専門医に相談したほうがいいでしょう。

 

フィナステリド

影響の可能性が低いのですが、フィナステリドは男性ホルモンに働きかける作用があるため、性欲減退、精子減少、勃起不全といった性機能に影響があると言われています。ですが、「フィナステリドを配合したプロペシアを1mg摂取して、5%の発症可能性」ですので、それほど神経質になる必要はないでしょう。ただ、万一のこともありますので、基本的には専門医に相談の上使用するようにしてください。

 

使用前の医師・薬剤師への相談がベスト

 

面倒くさかったり恥かしかったするかもしれませんが、できれば育毛剤を使用するまえに医師や薬剤師さんに相談するようにしてください。商品の口コミで「副作用全くありませんでした!」と書かれていても、すべての人に当てはまるわけではありませんし、場合によっては本当の使用者の声ではない事もあるでしょう。
医師・薬剤師さんはその道のプロなわけですから、あなたにあわせたアドバイスをくれるはずです。良い機会ですし、育毛剤についてだけでなく、あなたの頭皮そのもにも診てもらってもいいかもしれませんね。

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!