無添加育毛剤の選び方のポイント

無添加育毛剤の選び方の大切なポイント

育毛剤に限らず、最近は「無添加」を売りにしている商品が非常に多いですね。無添加と書かれているだけで“安全・安心”というイメージを抱いてしまいますが、その意味を自信を持って答えられる方は少ないのではないでしょうか。
育毛剤にも「無添加」と書かれている商品がありますが、正しい意味やそのメリットを知っておくことは、育毛剤の正しい選び方・使い方をする上で非常に重要になってきます。場合によっては育毛剤を使用したことによって、返って薄毛を進行させてしまうことにもなりかねません。
ここで無添加育毛剤の選び方のポイントを理解し、正しい育毛剤の使い方ができるようにしましょう。

 

“無添加”でも安心じゃない!?

 

無添加という言葉をそのまま分解すると、「“添加”しているものが“無い”」という意味になります。多くの方が無添加と書いているだけで、“化学薬品が一切添加されていない”商品と思い、安心して購入しているかもしれません。しかしこれは大きな間違いです。

 

薬事法では「無添加」と表記する場合、“何を添加していないのか”を記すことを義務付けています。ですので、無添加を売りにしている商品には「香料(無添加)」「着色料(無添加)」と書かれているものも数多くあります。つまり、「化学物質無添加」というような記載がない限りは、実はその商品には化学薬品が添加されている場合もあるのです。
添加される物質によっては頭皮にダメージを与えるものもありますので、“何が添加されていないのか”をしっかり確認することが無添加育毛剤の選び方の一つのポイントです。

 

添加物が発毛に与える影響

 

勘違いしてはならないのは、添加物が入っているからといって、それだけで育毛剤の効果が弱まったり、薄毛の進行の原因になるわけではないということです。防腐剤・香料などは、使う人によってはプラスにとれることだってあります。
「添加物配合の育毛剤が必ずしも悪いわけではない」ということを認識した上で、添加物配合の育毛剤が与える可能性があるマイナスの影響を理解しておきましょう。

 

  • 頭皮へ刺激を与える。
  • 薄毛に悩んでいる人の頭皮は、過度の脂性・乾燥性であったり、炎症を起こしていたりして弱っていることがあります。育毛剤の添加物には防腐剤・界面活性剤などがありますが、これらの添加物が頭皮にさらにダメージを与えてしまう可能性があります。遺伝要素が強い薄毛ならまだいいですが、もとから頭皮が弱い方、生活習慣の乱れによって一時的に頭皮が弱っている方は注意が必要です。

     

  • 薬効成分が頭皮に浸透しにくくなる。
  • 塗布型育毛剤の多くは薬効成分を頭皮内に浸透させて育毛を促進するものですが、添加物によって薬効成分が浸透しにくくなる場合があります。脂性などで毛穴がもとから詰まりやすい方は、育毛剤を使用する前にしっかりシャンプーをするようにしましょう。

     

  • 頭皮の皮脂を奪ってしまう。
  • 添加物によっては頭皮の皮脂を必要以上に奪ってしまう成分があります。皮脂は頭皮保護のために一定量は必要です。皮脂が奪われると粃糠性脱毛症になったり、逆に皮脂が過剰に分泌されて脂漏性脱毛症になったりします。脂性の方、乾燥肌の方は気を付けてください。

     

  • 添加物自体に副作用の可能性がある。
  • 中には添加物そのものの作用によって、髪の毛にマイナスの影響を与えてしまうものもあります。
    例えば、プロピレングリコールという添加物があります。プロピレングリコールはミノキシジルという血行促進効果のある成分が配合された育毛剤に、その浸透を高める目的で配合されます。しかし、プロピレングリコールには頭皮に痒みを発症させる可能性が確認されています。
    育毛剤を使用して痒み・痛み・違和感などを感じた場合はすぐに服用を止め、専門医に相談をするようにしてください。

 

なぜ添加物配合の育毛剤があるの?

 

育毛にマイナスの影響を与える可能性があるのならば、最初から添加物を配合しなければいいはずです。しかし、それでも育毛剤メーカーが添加物を使用するのには、次の2つの理由があります。

 

  • 製造コストを下げたい。
  • 製造コストを下げるには育毛剤を一度に大量製造する必要があります。しか大量製造すると、それらすべてが購入されユーザーの手に渡るまでに時間がかかってきます。そうなると製造からできるだけ長い期間、品質を保たなければならないので、どうしても防腐剤などの添加物を配合する必要が出てきてしまうのです。

     

  • ユーザーの使用満足度を高める。
  • 育毛剤の中には使用時の爽快感を高めるため、メントール成分などが配合されているものもあります。あるいは、必要薬効成分独特の臭いによって育毛剤の使用が周囲にバレないように、香料を配合している商品もあります。これらの商品にも需要があることを考えると、添加物の配合は一方的に育毛剤メーカーの都合とはいえないのです。

 

自分にあった育毛剤を選ぶことが大切!

 

前述のように、添加物が配合されているからとって、その育毛剤の効果がないというわけではありません。頭皮の性質はひとそれぞれ違いますし、育毛剤を使用する状況も異なるでしょう。育毛剤の選び方で大切なのは、無添加表示の意味を正しく理解し、その上で自分にあった育毛剤を選ぶことです。
その上で無添加の育毛剤を使用したいということであれば、米国安全性試験最高基準に合格した100%無添加の育毛剤・【M-1育毛ミスト】がオススメです。

 

無添加育毛剤の正しい知識を身につけ、効果的な育毛剤の使い方をしていきましょう!

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!