髪の毛の大切な役割 〜薄毛になるとなぜいけない?〜

髪の毛の大切な役割 〜薄毛になるとなぜいけない?〜

生まれた時から当然のように生えている髪の毛。そもそもなぜ生えているのかご存知ですか?

 

「髪の毛なんて、最初からなければこんなに薄毛に悩む必要ないのに…。」

 

そんな事を思ってしまった方もいるのではないのでしょうか。(^-^;)

 

「見た目の印象を良くするため」「オシャレを楽しむため」と考える方も多いでしょう。もちろんそれも正解だと思います。外見に気を使う事が当たり前になっている現代においては、ヘアスタイルが人に与える印象の影響やファッションとしての楽しみは、もはや決して小さくはないでしょう。だからこそ、皆さんを悩ます原因ともなっているのだと思います。

 

一方で、外見による印象だけはなく“生物学的”に、髪の毛が人間に果たす役割も存在します。なぜ髪の毛が人間に必要であるのか。逆に言えば、「薄毛になる事がなぜマズイのか」。育毛をする上で髪の毛の大切な役割を知っておきましょう!

 

大切な頭部を保護する

今さら説明するまでもないですが、頭には脳という人間にとっての超重要器官があります。その脳が傷けば生命活動が危機的な状況に陥ることも考えられます。髪の毛は生命を司る大切な脳を守る役割があるのです。
外部衝撃だけではなく、暑さや寒さといった温度変化からの保護。また、有害な紫外線を直接頭皮が浴びないよう遮断することも髪の毛の大切な役割です。

 

感覚器官として周囲の危険を察知する

毛根付近には無数の知覚伝達神経が存在します。小さな刺激にも敏感に反応するため、周囲の状況を察知して危機的状況を回避するための感覚器官として機能しています。
人に髪の毛を触られたりすると、肌に触れたわけではないのに、感触を感じませんか?それもあなたの髪の毛が生物学的に正常に機能している証拠なのです。

 

体内の有害物質を排出する

私達は、日々の生活の中で気付かぬうちに生命必需品(水・空気・食物など)から体内に有害な物質を取り込んでしまっています。有害物質が体内に蓄積すると、体に異常が現れ始め、場合によっては命を落とすこともあります。
髪の毛はカドミウムなどの有害物質を毛乳頭から取り込み、髪の毛を通して外部に排出するという重要な働きを担っています。

 

いかがでしょう?髪の毛が、見た目だけではない生物学的にもつ重要な役割を知ることにより、抜け毛・薄毛予防の必要性をご理解いただけたのではないでしょうか。特に有害物質を排出する役割については、自覚症状がないだけに機能しなくなった時の怖さがありますよね。
健康な生活を営むためにも、薄毛・抜け毛の正しい知識を身につけ、自分にあった対策を心掛けましょう!

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!