タバコを吸うと薄毛に一直線!

タバコを吸うと薄毛に一直線!

「百害にあって一利なし」と言われるほど、健康への悪影響が大きいとされるタバコ。健康志向が高まる昨今では、喫煙者の方もかなり肩身の狭い思いをされているようですね。
そんな健康の諸悪の根源ともいわれるタバコですが、もちろん髪の毛にも大きな悪影響を及ぼします。薄毛を回避したいのならタバコは厳禁です!

 

ここではタバコと薄毛の関係について解説していきます。

 

最悪のニコチン。血行不良で発毛不良に!

 

タバコを吸う事によって髪の毛にもっとも悪影響を与えるのがニコチンです。ニコチンには末梢血管の収縮作用があり、全身の血行不良を引き起こします。当然、頭皮周辺の毛細血管も血行不良な状態になりますから、毛髪生成に必要な養分・酸素が十分に行きとどかなくなり、薄毛を招くのです。
それ以外にも、ニコチンは心拍数増加や血圧上昇を引き起こしますので、体内に吸い込めば吸いこむほど血流不良を起こし、血管を詰まりやすくします。
また、消化器毛系内臓の働きも低下させるため、摂取した食物の栄養を十分に吸収できず、栄養不足による薄毛も起きやすくなります。

 

最悪のニコチン2。栄養不足を引き起こす。

 

さらにもうひとつ、ニコチンが厄介な点があります。それは体内のビタミンCを破壊するということです。
髪の毛が一番生える食べ物は!?」の通り、髪の毛の生成にはビタミンEが必要になります。ビタミンCはビタミンEの吸収効率を高める働きがあるため、不足すると髪の毛にとって必要なビタミンEまで不足しがちになるのです。
他の栄養素の足を引っ張るなんて、最悪の成分ですね。

 

男性ホルモン増加で男性型脱毛症(AGA)になりやすく!

 

あまり知られていないのですが、喫煙と薄毛の原因について、ハーバード大学公衆衛生学部が重大な研究結果を発表しています。それは、喫煙がテストステロンや ジヒドロテストステロン(DHT)などの男性ホルモンを増加させるというものです。
研究の内容は、1241人のアメリカ人中年男性(無作為抽出)を調査し、非喫煙者と喫煙者のホルモン分泌量を比較。その結果、非喫煙者と比べ喫煙者の方が、各男性ホルモンの分泌量が多かったというものです。
薄毛の種類・特徴と対策 〜自分のタイプを知る〜」ので解説したように、テストステロンや ジヒドロテストステロン(DHT)などの男性ホルモンは男性型脱毛症(AGA)といった薄毛の根本原因です。したがって、この研究結果からもタバコを吸うと薄毛になる可能性が高くなることがわかります。

 

一酸化炭素のせいで頭皮の酸素が不足する。

 

タバコに火をつけると一酸化炭素が発生します。私達は通常、呼吸によって酸素を体内に取り込み、血液中のヘモグロビン(赤血球内)と酸素が結びついて全身に運搬されます。しかし、一酸化炭素のヘモグロビンとの結合力は酸素より高いため、喫煙によって一酸化炭素が体内に取り込まれると、酸素から横取りしてヘモグロビンと結合します。そうすると全身への酸素供給が不足状態になりますので、頭皮での毛母細胞分裂が非活性化し、薄毛の原因になります。

 

大病の原因となるほど悪影響は大きい。

 

1本吸うと12秒も寿命を縮めるといわれるタバコは、ガンや心筋梗塞・脳梗塞など様々な病気の発症率を高めます。薄毛とは直接的には関係ないのですが、これらの病気は体のあらゆる機能を低下させるため、結果的に頭皮への栄養不足や毛髪生成に少なからず影響し、薄毛の原因となります。
もし上記のような病気になった場合、もはや薄毛なんて気にしている場合ではないと思いますが、喫煙はそれくらい健康被害が大きいということだといえるでしょう。

 

ストレスのない禁煙プランを!

 

前述のように、薄毛だけでなく全身の健康に大きな悪影響を与えるタバコ。できれば、今すぐにでもスパッと止めて頂きたいですが、最初は無理せずに、徐々にタバコの本数を減らしていく事をおすすめします。禁煙によるストレスもまた薄毛の原因に繋がります。また、最初から完全禁煙を目指すも、失敗してタバコが止められなければ何も意味はないからです。
少数ではありますが、薄毛予防のために禁煙を始めたものの、そのストレスのせいで抜け毛が増えたと言う方もいらっしゃるようです。
私達の最終目標は「薄毛を克服すること」ですので、その目標達成のためにも無理のないプランで禁煙しましょう。

 

 

タバコと同じく嗜好品とされるお酒は、飲み過ぎは薄毛に厳禁ですが、一定量であれば血行改善やストレス解消など、髪の毛にとってプラスの影響があります。
しかし、タバコは髪の毛だけでなく、全身の健康にとっていい事など一つもありません。まさに「百害あって一利なし」です。

 

最近では本当に肩身が狭くなり「タバコ=悪」的な位置づけさえされるタバコ。税金も増える一方ですし、髪の毛にもよくないとくれば、禁煙を考えてみるのも悪くない気がします。

【総合】育毛剤人気ランキング!

ランキング1位商品画像

育毛成分「M-034」の超濃縮配合!

「ミノキシジル」と同等の効果があるとされる「M-034」を超濃縮配合し、世界で初めて商品化に成功!厚生労働省が認可!専門家も驚愕の育毛理論でヘアサイクルを正常化を目指します。 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング2位商品画像

毛乳頭にダイレクト育毛指令!

「長鎖分割ポリリン酸」という特許成分を配合することにより、育毛を司る毛乳頭をダイレクトに育毛指令を送ることに成功!人体成分使用で安全性もしっかり確保しています。 初回購入後45日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

ランキング3位商品画像

分子ピーリングで毛母細胞が活発化!

世界初の技術「分子ピーリング」によって、頭皮から分子レベルで毛髪阻害物質である皮脂や老廃物の除去。低分子ペプチドが毛母細胞を活発化させます! 初回購入後30日以内なら全額補償キャンペーンで安心!

ランキングから商品詳細へ詳細はコチラ!

タバコを吸うと薄毛に一直線!関連ページ

薄毛は本当に遺伝する?
厳密には、「薄毛が遺伝する」のではなく「薄毛になりやすい体質」が遺伝します。つまり、環境や生活習慣の改善で、親が薄毛であっても薄毛の進行を抑制することができるのです。薄毛遺伝について学び、本来解決すべき他の薄毛の原因を特定して薄毛予防につなげましょう。
睡眠不足はハゲのもと!
睡眠不足は薄毛をまねく大きな原因のひとつです。睡眠時間は髪の毛の休息時間であり、 成長ホルモンが活発な最も“生える”時間帯です。 規則正しい睡眠を心掛け、成長ホルモンの分泌を促し効果的な薄毛対策を心掛けましょう!
肩こり・首こり!血行不良は薄毛の大敵!
血行(血流)の循環不良は薄毛を引き起こす大きな原因の一つです。体に必要な酸素・養分の運搬がうまくいかず、髪の毛を生成する毛母細胞分裂が十分にできなくなるためです。肩こり・首こりなどの症状がある方は定期的にストレッチやセルフマッサージを行いましょう!
髪の毛が生える食べ物は!?
食生活と髪の毛の成長は大きく関係しています。人間の体は食事によって摂取した養分によって生命を維持しているので髪の毛にも影響があって当然ですよね。育毛に効果的な「一番生える食べ物」について学んで無理のない薄毛対策を心掛けましょう!
ストレスが薄毛の根本原因!?
ストレスをは血行不良・栄養不足・睡眠不足など、髪の毛に様々なマイナスの影響を及ぼす、 いわば薄毛の根本原因です。ストレスが薄毛を引き起こす原因を学ぶとともに、ストレス解消方法についてもご紹介したいと思います。
ヘアカラーは髪に良くない!
ヘアカラー自体は直接の薄毛の原因ではありませんが、薄毛をまねくきっかけとなります。ヘアカラーの仕組みや髪に与える影響について学んでおきましょう。